一生の宝物&思い出

10数年前私が結婚する時の話です。
当時トールペインティングを習い、趣味としていた一番の友達が結婚式2次会用の「ウェルカムボード」を作ってくれる事になりました。
「どんなデザインが良い?」と聞かれましたが、デザインも配色もすべてを友達任せにしました。
大学時代4年間授業もバイトも一緒の時間を過ごしてきた友達だったので、私の趣味を良く分かってくれており、とても私好みのデザインと配色の「ウェルカムボード」を作ってきてくれました。
全く絵心やデザインの才能のない私にとって驚くべき出来栄えでした。どうしたらこんなに素敵なものができるのだろうと不思議に思ってしまうぐらい、本当に感謝感激でした。
結婚式の2次会で使うつもりだったのですが、2次会だけではもったいない気がして、式場にも持っていき入口に飾っておきました。
もちろん、家に持って帰った後も玄関を入ってすぐ目につくところに飾っておきました。
決して、たくさんの人が来る家ではありませんでしたが、来る人来る人(宅配の人にまでも)に「素敵」と言っもらって、そのたびにうれしくなっておりました。
2年前新居に引っ越しましたが、飾り棚を作り、一番目につくところに飾ってあります。
10数年たってますが、大切にしている私の気持ちを分かってくれているのか、色落ちも汚れもなく当時の素敵なまま飾られています。
お互いに結婚し、住む場所も離れてしまったその友達とはなかなか会う機会がなく、今では年賀状だけのつながりになってしまっています。
でも、この「ウェルカムボード」を見ると、当時の事が思い出され、若い頃の友達との仲が現在も続いているのだと勝手に思ってしまっております。
もし、「あなたの宝物はなんですか?」と聞かれた時、すぐに答えの出せる人はどれぐらいいるのでしょう?「家族?」「友達?」「プレゼント?」
私のこの「ウェルカムボード」はそのすべてが詰まったものなのです。「ウェルカムボード」を見ると、「プレゼントしてくれた友達」「その当時に出会った人達」「結婚式と2次会の事」「出席して今はなくなってしまった祖母の事」など、すぐに思い出すことができますし、家族はこの「ウェルカムボード」のおかげで?皆仲良くできています。
この「ウェルカムボード」には、私の今までの数々の思い出が詰まっています。そしてこれからも私の思い出を見守ってくれるでしょう。
私の思い出がいっぱい詰まった「ウェルカムボード」は、一生の宝物であり、思い出です。