手作り風ウェルカムボード

「ウェルカムボード」は結婚披露宴や結婚パーティーの入り口に出す看板のようなもので、いろいろな形のものがあります。
費用も、どのようなウェルカムボードにするかで、かなり違ってきます。
予算に合わせて、選ぶといいと思います。
二人の名前が入っていて、WELCOMEと書かれているものが多いようです。
結婚披露宴の演出の一つで、二人の個性を表現することに力を注いでいる人達が沢山います。
ウェルカムボードは結婚した二人が、ゲストを招き入れる最初の挨拶の代わりになりますので、できるだけ、二人の人となりを現すような形のものがよいと思います。
写真を使ったり、似顔絵を描いてもらったりして二人が全面に出て来る場合や、英文で「ようこそ私達の結婚披露宴へ」と書いてあるようなものもあって、それらには、可愛らしい花がハート形に並べられたりします。
私はシンプルなものが好きなので、もし、私がウェルカムボードを出すとしたら、きっと草花でハートの形を作って、その中に文字を入れるスタイルを選ぶと思います。
ウェルカムボードを選ぶ時には、自分たちのライフスタイルを表現するようなものを選ぶと良いと思います。
似顔絵などは、ちょっと笑えて和やかな感じがしますし、写真を使うともっとリアルに二人の姿を目にすることが出来ます。
最近では、ブリザードフラワーを使ったウェルカムボードもあって、本物の花なのに枯れないので、記念品としてとっておけるところが良いのではないかと思われます。
ブリザードフラワーで似顔絵を作ることもできて、なかなかシャレていると思います。
本来なら、二人そろってお迎えするべき結婚式に、準備で出迎えができない二人の代わりにゲストをお迎えする役目を果たすのがウェルカムボードですから、心のこもったものにしたいものです。
他にも色鉛筆で描かれた二人の似顔絵にウェルカムと書かれているものや、透明のボードに写真を挟んだりして、個性的な演出をするものもあります。
私個人としては、ウェルカムボードは好きです。
何となく、二人の人柄がウェルカムボードに現れるからです。
ウェルカムボードは誰もが一度は目にするものですから、凝ったものにしたくなるのもわかる気がします。
私はシンプル好きなので、シンプルな中で、温かくお出迎えする役割をしてくれるようなものにしたいと思います。
素敵なウェルカムボードが飾ってあると、人の気持ちも温かくなってくれるに違いありません。
私の場合、そのためには、まずは結婚式をあげる相手を探さねばなりません。