香典返しを辞退するとき

喪主や遺族の負担を少しでも軽減したいとの気持ちから香典返しを断る場合もあります。その際には失礼にあたらないような辞退の仕方が大事になります。
香典返しを辞退したいと考えているのならば、香典の金額をお返しに値しないと遺族が判断できる金額、気持ちだけの金額なのだなと判断できる金額を包む方法もありますが、香典の準備をするときに香典の表書きか、中の封筒の住所氏名を記載するところの余白に「故人に今までお世話になったご恩に比べれば心ばかりの香典です。香典返しは辞退させていただきたくお願い申し上げます」「まことに勝手ながらお返しなどの配慮は遠慮させて頂きたくお願い申し上げます」などどいった辞退の言葉を丁寧に添え書く方法があります。辞退を申し出る旨の文章が印刷された封筒が市販されているのでそれを利用する方法もあります。葬儀の最中に悲しみの中にある遺族に口頭で辞退を申し出るようなことは避けるようにします。
いくら辞退を申し出ても香典の金額がそれなりに大きいと、お返しをしないわけにもいかないと考えるのが普通なので、相場と思われる金額よりもお包みする金額をやや少なめにすることも必要です。
故人の遺族の知人など、故人と直接の面識がない場合は香典をおくられた方の意志を尊重してお返しをしないこともありますが、故人の知人や友人が例えば1万円以上の香典を包まれていた場合は、辞退の申し出があっても遺族が一般的にはお返しをしています。一家の主が亡くなった場合などに遺児の学費や生活費に、との理由で辞退の申し出をお受けした遺族は、その方の気持ちをありがたく受け止めて後日丁寧なお礼状をお出しすると良いです。
会社などの団体から香典を頂いた場合は、形式的なものと判断してお返しは不要とするケースが多くなりますが、皆様で召し上がっていただくことができるお菓子やお茶をお返しする方法もあります。ご一同様で頂いた香典の金額が一般に個人から頂く香典の金額と変わらない時は個別にお返しをする方が良いです。
お返しは、忙しい中故人のために時間を割いて葬儀に参列してくださったことへのお礼でもあり、故人が生前受けたご恩に対するお礼であったり、故人の死に際して遺族がお相手にあたたかい励ましを受けたお礼でもありますので、本来は辞退を申し出られた場合でも御礼状を添えてお返しを差し上げるのが礼儀です。会社の方針や公的な立場などから受け取りができない場合もあります。