大阪で障害年金を受給するための一歩

   

年金の種類には、2つの種類があります。そのうちの一つが障害年金と言われるものです。これは、何らかの病気が発生してから考える年金です。そのため、当人は何らかの年金制度に加入しています。初診日に加入していた制度は、国民年金か、厚生年金かを確認します。
そして障害の程度を判断し、1級、2級、3級と分けていきます。障害の等級と、以前に加入していた年金制度によって支給額が異なりますので注意が必要です。

必要な条件とは

障害年金の種類が理解できたら、今度は自分や家族はどんな条件を満たす必要があるか確認します。病気の種類、治療の程度や状態、今まで支払っている年金の額などは一人ひとり異なるため、細かな要件は記されていませんが、大まかな要件は年金事務所や、日本年金機構の公式ホームページを参照することができます。
大阪などでは、一人ひとりの事例を細かく確認してくれ、要件を満たしているかどうか相談にのってくれる年金相談センターもあります。申請できるのは、初診日から1年6ヵ月経過していて、障害認定日に要件を満たしている方です。初診日というのは、その病気を診てもらうため初めて病院に行き、医者の診断を受けた日のことです。そこから1年半がたち、同じ病気を患っていて障害年金を申請できるかを考えます。

必要な書類とは

年金受給の条件にかなっていた場合、どのような書類が必要か確認します。書類も細かな点によって異なる部分もありますが、共通して絶対に必要な書類を見ていきましょう。申請にはその病気の治療に初めて医療機関に行った日が起点となります。医療機関に行った日がいつだったのかを証明するため、受診状況等証明書などの書類が必要です。そして診断書も必要になります。この二つは医療機関から提出してもらう必要があります。
年金請求書と、病歴・就労状況等申立書は申請する本人が記入するものになります。年金請求書は、加入している年金が国民年金か、厚生年金かによって、書類が異なります。自分が記入する書類に間違いがないか、必ず確認しましょう。病歴・就労状況等申立書は、自分の今の状況や、困っていることを記載します。もし、就職支援などを活用できているなら、その職場の様子や行えている仕事の内容、量を具体的に記載します。できるだけ詳しく記入すると良いでしょう。
一人で作成することが難しいという場合には、大阪にある相談機関に問い合わせてみましょう。