障害年金を大阪で申請する前に

   

大阪で障害年金を申請したい場合、まず障害年金について知る必要があります。公的年金の一つである障害年金とは、障害を負ってしまった場合、その生活をサポートするために支払われる年金のことです。老齢年金や遺族年金といった制度と並び、国民の生活を守るための制度です。
障害といっても、世の中にはたくさんの病気があります。障害年金の制度の中で、外部、内部、精神障害と分けています。目や手足といった見える場所の障害が外部障害です。内部障害とは、呼吸器疾患、糖尿病、ガンなどです。精神障害には、統合失調症、うつ病、認知障害などの病気が含まれます。
どの病気も治療費にかなりの金額がかかりますし、長期化したり、一生治らないという病気が多いため、障害年金がいくらかでも受給できるなら、家計にとってありがたいです。
しかし誰でも申請したら、必ず障害年金を受給されるというわけではありません。認定される基準があります。その基準は日本年金機構のホームページなどに随時掲載されています。

申請の前に確認すること

自分や、身近な家族が障害年金を受給するためには、何をする必要があるでしょうか。ここでは受給のために確認すべきことをご紹介します。
最初に、申請する人が加入している年金の種類を調べます。何らかの年金に加入しているはずなので、国民年金か、厚生年金なのかを確認し、今までの納付義務を果たしているかチェックします。
次に障害となる病気の治療にどれくらいの年月をかけているかチェックします。
大阪から別の町に引越しをしていたり、最初に通院していた病院からかかりつけの病院が変更している場合など、色々な要素が考えられます。しかし、この初診日の確定が年金受給時に大切な要素になるため、家族や身近な人、病院などに聞き、初診日を特定していきます。

その他のポイント

条件にかなっていることが確認されたら、実際の申請が始まります。用意する書類は多岐に渡り、特に医師の診断書が重要な要素となります。なかなか自分たちだけで準備するのは難しいかもしれません。
大阪を含め、各地で申請前に相談にのってくれるセンターがあります。資料のチェックだけ代行してくれる場合もあるので、確認しましょう。
障害を持つ人が就職していても、受給の要件を満たすこともあります。申請前に、ホームページや専門家のアドバイスを受けながら、書類づくりを行っていきます。

介護福祉業界で勤務していた社労士が障害年金を受け取れるかなどの相談を含めた無料相談を行っています。 うつ病で働けなくなってしまった方の思いに寄り添った支援を行っている障害年金相談センターです。 障害年金について少しでも知りたい方にも親身になって相談をお伺いしているのでお気軽にご相談ください。 介護福祉業界の年金問題や障害年金等のご相談はお任せください